TAG

フレームワーク

【DX時代】DXにおける5F分析と限界

5F分析とは、詳細は【5F分析】の記事内で紹介しておりますが、簡単に説明すると、1979年にマイケル・ポーター教授によって発表され、自社の事業の競争環境を分析していくフレームワークになります。 5F分析の限界 しかしながら5F分析は万能ではありません […]

【アドバンテージマトリックス】業界全体の異なる事業特性を知り、自社事業の方向性を検討

業界によって異なる「事業特性」を把握するためのフレームワークです。事業の性質を、戦略変数(業界の競争要因)の数と、優位性構築の可能性という2軸でプロットし、縦軸に「戦略変数が多い・少ない」、横軸に「可能性が高い・低い」の4象限に分けて分類します。 ア […]

【PPM分析(プロダクトポートフォリオマネジメント)】事業の将来性を把握するとともに、競合企業との売上の格差を可視化

PPM分析は、「市場の成長率」と「市場の占有率」を軸にし、自社の製品や行っている事業を4つの象限に分類することによって、企業の「戦略策定」や「事業展開」を検討することができます。また各事業に対して、ヒト・モノ・カネなどの企業の経営資源の配分の優先順位 […]

【デザインシンキング】デザインシンキングにより、イノベーションを起こす!

イノベーション創出の方法の1つとして注目されているデザインシンキングという考え方があります。デザイナーが新たなものを考えるときの思考やプロセスをビジネスに採用した考え方になります。 デザインシンキングとは デザインシンキングとは、創造性を経営に反映さ […]

【ポーターの基本戦略】3つの基本戦略をしり、事業戦略の方向性を定めていこう!

ハーバード大学のマイケルポーター教授が提唱した「5F」に加え、この「ポーターの基本戦略」があります。この理論では企業が競争優位を築くためには3つの基本的な戦略パターンがあるとしています。立ち位置によって異なる望ましい戦略の方向性を「コスト・リーダーシ […]