CATEGORY

BusinessFramework

【STP分析】STP分析を行い自社のマーケティング戦略を

セグメンテーション・ターゲティングとはマーケティングの戦略を考える際に市場のどこを狙うかを決めるための考え方です。 昨今の顧客ニーズは「細分化」「多様化」しており全ての人のニーズに応えようとすると製品コンセプトが曖昧になったり、コストがかかりすぎる、 […]

【SWOT分析】ネガティブをポジティブに変え経営戦略立案を

SWOT分析はマクロ、ミクロの両面から客観的に企業を取り巻くビジネス環境分析するためのフレームワークです。内部環境・外部環境のポジティブとネガティブを明確にします。 SWOT分析の4象限 「S」、「W」、「O」、「T」はそれぞれ、【Strength( […]

【アドバンテージマトリックス】業界全体の異なる事業特性を知り、自社事業の方向性を検討

業界によって異なる「事業特性」を把握するためのフレームワークです。事業の性質を、戦略変数(業界の競争要因)の数と、優位性構築の可能性という2軸でプロットし、縦軸に「戦略変数が多い・少ない」、横軸に「可能性が高い・低い」の4象限に分けて分類します。 ア […]

【PPM分析(プロダクトポートフォリオマネジメント)】事業の将来性を把握するとともに、競合企業との売上の格差を可視化

PPM分析は、「市場の成長率」と「市場の占有率」を軸にし、自社の製品や行っている事業を4つの象限に分類することによって、企業の「戦略策定」や「事業展開」を検討することができます。また各事業に対して、ヒト・モノ・カネなどの企業の経営資源の配分の優先順位 […]

【アンゾフのマトリクス】既存と新規の両面から成長戦略を探る

アンゾフのマトリクスは事業活動を「市場」と「製品」の軸を取り、それぞれ「既存」と「新規」の4つの象限に分類します。この4つにより企業における成長戦略の方向性を探るフレームワークとなります。 【アンゾフのマトリクス】における4つの象限 アンゾフのマトリ […]

デザイン思考の実践に役立つ4つのオフィスアイテム

「デザイン思考」という言葉が世間に浸透しつつあり、ワークショップを通じてその考え方を導入する企業が増えているが、実はそのワークショップを行う環境もまた重要である。今回はアメリカ西海岸の超有名スタートアップをはじめ、様々な企業でより活発な議論を促進する […]