【SWOT分析】ネガティブをポジティブに変え経営戦略立案を

SWOT分析はマクロ、ミクロの両面から客観的に企業を取り巻くビジネス環境分析するためのフレームワークです。内部環境・外部環境のポジティブとネガティブを明確にします。

SWOT分析の4象限

「S」、「W」、「O」、「T」はそれぞれ、【Strength(強み)】、【Weakness(弱み)】、【Opportunity(機会)】、【 Threat(脅威)】を表しています。

SWOT分析ではミクロ環境や「ヒトモノ金」や「バリューチェーン」などといった内部要因を「強み」と「弱み」といったの観点から、
マクロ環境や「業界環境」、「市場」、「顧客」、「競合」などといった外部要因を、「機会」、「脅威」といった観点から分析していきます。

・Strength(強み)
・Weakness(弱み)
・Opportunity(機会)
・Threat(脅威)

事業の「成功要因:KSF」や事業機会を導き出し、自社のビジネス環境を整理するのに役立ちます。

【外部要因】(Opportunity(機会)Threat(脅威)

外部要因は自社で変更することができないものが外部環境になります。
マクロ環境に目を向けると、「PEST分析」で政治・経済・社会・技術の側面から自社のビジネスに与える要素を取り出すことができます。

例えば、「人口減少に伴うマーケットの縮小」や、「技術革新によりビジネスモデルが変わる」、といくことが取り出せます。
また「3C分析」により、自社の製品やサービスを買う顧客を把握し、競合分析したり、業界分析では「5F分析」などで業界の競争度合いをつかみます
商品のライフサイクルから分析を行う「PLC分析」を行うのも効果的です。
この時、何が事業の成功要因なのかを十分に検討しておくことがポイントです。

複数のフレームワークを活用し、外部要因を分析することにより、自社のビジネスにおいて、どのような要素がポジティブあるいはネガティブなのか、またそれによりどんな脅威が生まれるのかを把握していくことができます。

【内部要因】の(Strength(強み)Weakness(弱み)

内部要因とは社内の「ヒト・モノ・カネ」や「バリューチェーン」といったもののから「強み」、「弱み」を抽出していきます。

・自社の開発力、提供する製品やサービスが良いものか
・業界内でどの程度のシェアを持っているか
・提供する製品やサービスのブランドが市場でどれだけ浸透しているか
・展開している事業が適切かどうか、
・ビジネスの展開先を海外も含めどれだけ持っているか

と言った要素について、自社の「強み」「弱み」に分解し、客観的に評価していきます。

そして先ほど分析した市場における「機会」「脅威」に対して自社の強みを生かして、弱みを克服するにはどうすれば良いかを考えていきます。

事業の成功要因と自社の強みが合っていない時は、経営戦略を変えるために外部環境に働きかけたり、自社の強みを変えて経営戦略に合わせることを検討していきます。
このように経営課題を明らかにしてくれます。

クロスSWOT分析

クロスSWOT分析とはSWOT分析で得られた要素を抜き出し、組み合わせることにより、具体的な「戦略」を立てていくことが可能です。
縦軸:「機会」と「脅威」
横軸:「強み」と「弱み」

をとり、マトリクスで表現し、

「強み×機会」、「強み×脅威」、「弱み×機会」、「弱み×脅威」の4つの項目を組み合わせて検討していきます。

「強み×機会」

自社の強みを最大限に生かして、チャンスとなる「機会」をしっかりものにする戦略を立てていきます。
最大のチャンスで収益化をしやすい要素を多く含んているため、積極的に戦略を仕掛けていきます。

「強み×脅威」

自社の強みを生かして、「脅威」の影響を最小限に抑える戦略を立てていきます。
競合などの脅威の中にいる状況の為、「差別化」をキーワードに自社の強みを生かせる方法を探していきます。

「弱み×機会」

自社の弱みを克服するため、「機会」を最大限に生かして戦略を立てていきます。
外部環境には恵まれており、マーケット自体にはチャンスがあるので、弱みによる影響を最小化していきます。

「弱み×脅威」

最悪の事態に備えて未然に防ぐ戦略を立てていきます。

ブランド価値の向上を向上させるなど、うまく戦略を練ることで、波及効果が得られる可能性があります。

SWOT分析で導いた要素を掛け合わせることで弱みや脅威を克服できる可能性を検討することが可能です。

クロスSWOT分析で戦略を立てるポイント

  1. 外部環境と内部環境を必ず掛け合わせて戦略を模索する
  2. よりスムーズにアクションに持ってい来るように、具体的に戦略を立てる
  3. 戦略に4つの項目の要素を必ず入れる

まとめ

SWOT分析の結果は、時には
要素を弱みではなく強みに
脅威を機械と見なせないか
とポジティブに考えることも重要です。

分析から見えてきた課題をポジティブに捉え、「弱点を強み」「脅威を機会」に捉えることを検討して次の打ち手につなげることができるのです。

また経営資源は限られているので4象限の「重要度」「緊急度」も検討した上で優先順位を適切に設定することも大切です。

SWOT分析で要素を可視化することにより、プロジェクトチームで共通認識をする際にも非常に有力です。
SWOT分析を行い、自社の戦略立案に分析を役立てましょう。